【咳を止める方法.com】〜しつこい咳を止めるツボや飲み物〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
sekitomeru★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







咳が止まらないと辛いものです。しつこい咳は、いくら止めようとしても自分の意志で止めることは出来ません。そもそも咳というものは、肺や気道内の空気を強制的に排出させる為に生じる生理的反射であって、気道の中に入り込んだ異物を排出する一種の人体の防御反応ですので、自分の意志で止めることは非常に難しい事なのです。

咳が起こる原因は、色々とあります。
●空気中の埃や粉塵などの異物を吸引してしまった時
●飲食物を誤飲してしまった時
●喉を刺激した時
●アレルギーによるもの
●喘息によるもの
などが挙げられます。

咳を止めるにはこのような咳の原因を排除してしまえば良いのですが、なかなかそうはいかない原因ばかりです。ではひどい咳を止めるにはどうような方法があるのでしょうか?


sponsored link






咳を止める方法にはいくつか方法がありますが、ここでは咳を止める方法の中でも代表的なツボをご紹介していきます。

【咳止めに効果的なツボ】

天突(てんとつのツボ)
首の付け根、左右の鎖骨の間のくぼみに位置しています。

壇中(だんちゅうのツボ)
両方の乳頭部を結んだちょうど真ん中に位置しています。

巨闕(こけつのツボ)
みぞおちのすぐ下に位置しています。

尺沢(しゃくたくのツボ)
肘の内側の曲がり目の親指側の筋肉の外側に位置しています。

孔最(こうさいのツボ)
前腕の内側で尺沢の位置から指4本分に位置しています。



大椎(だいついのツボ)
一番下の頚椎と一番上の胸椎の間に位置しています。

肺兪(はいゆのツボ)
肩甲骨と背骨の中間にあり、肩甲骨の真ん中の高さに位置しています

心兪(しんゆのツボ)
肩甲骨の内側で、第5胸椎を挟んだ両側辺りに位置します。



肺・気管支の反射区(足つぼ)
肺の反射区は、足の第二〜四指の付け根から下1〜2cmの所に位置しています。
気管支の反射区は、足の第二〜五指の下2〜3cmの所に位置しています。





咳を止める方法の中で、もう一つの代表的な方法が飲み物です。ここでは咳止めに効果的な飲み物をご紹介していきます。

【咳止めに効果的な飲み物】

生姜湯・・・言わずと知れた喉にやさしい代表的な飲み物です。生姜のジンゲロールやショウガオールという成分が身体を温める効能がある以外にも、新陳代謝を高めたり食欲を増進させたり強い殺菌能力も持っています。これら成分が喉に働き、咳を鎮めてくれます。

蜂蜜レモン・・・生姜湯と並んで有名な喉にやさしい飲み物です。レモンの輪切りを蜂蜜に漬けておいたものを、お湯や紅茶で溶いて飲んでも良し、そのままパンに塗って食べるも良し、万能に使用できます。蜂蜜には強い殺菌能力があり、痰切れ効果もあります。レモンは免疫力を高めてくれます。

大根おろし・・・大根をすりおろすとイソチオシアナートという辛み成分が生成され、これに殺菌効果や免疫力を高める効果があります。大根をそのまま食べるよりも、すりおろすことで喉にやさしい効果を高めてくれます。蜂蜜と混ぜてお湯で溶かすと飲みやすい上に効果抜群です。

緑茶・・・日本人と言えば緑茶です。緑茶には老化を予防する抗酸化ビタミンが多く含まれています。殺菌効果もある為、緑茶を飲むだけでなく緑茶でうがいをするのもオススメです。熱く沸騰した緑茶を好む人も多いですが、少し温かいと感じる70℃程度の温度で飲む方が良いでしょう。

紅茶・・・紅茶にはタンニンという殺菌効果のある成分が多分に含まれている為、喉を殺菌し炎症を抑える働きがあります。また紅茶に含まれるカフェインにはダイエット効果も期待できます。体重が気になる方は、砂糖は極力入れずに飲むようにしましょう。


【咳を止める方法.com】TOP


sponsored link



copyright©2014  【咳を止める方法.com】〜しつこい咳を止める方法・ツボ・飲み物〜  All Rights Reserved